TECHNOLOGY

TECHNOLOGY

長く、安心して、快適に

鉄筋コンクリート(RC)の建物は、どの工法よりも丈夫で長持ちです。
耐震金物での補強、パネル工法など、木造住宅の耐震性を高める取組みの歴史は、「いかにRC住宅に近づけるか?」という取組みの歴史ともいえるでしょう。揺るぎない安全と快適、船谷建設のFRは、皆様に自信を持って安心な住まいをご提供いたします。

長く住める「耐久性の高さ」

RC住宅は木造建築等と比べ耐久性が非常に優れています。法定耐用年数も47年と最も長く指定されており、躯体を痛める要因の壁体内結露や、健康に害を及ぼすカビやダニの発生もありません。

揺るぎない「耐震性」

木造住宅の耐震性も向上していますが、RC住宅に勝る建物はありません。RC住宅のモノコック構造は、さまざまな外力を建物の“面”全体に分散して受け止め、高い強度を実現します。

火災を抑える「耐火性」

木材は260℃で発火、鉄骨は540℃で変形しますが、鉄筋コンクリートは1000℃以上の炎に2時間さらされても燃えることなく、その強度を保ち、万が一の火災でも安全です。

優れた「遮音性」

コンクリート壁の比重の高さと、継ぎ目のない一体構造は、外部の音を遮断し、内部の音を漏らさない、木造住宅にはない遮音性を誇ります。

「高気密・高断熱」

RC住宅は高密度のコンクリートで建物ができているので、断熱性・気密性ともに高く、外気温の影響を受けにくいため、光熱費のコストも抑えられます。

台風に負けない「耐風性」

RC住宅のコンクリート壁の水平耐力は圧倒的な強度を誇り、大型台風や突風も耐え抜きます。強風で屋根が飛ばされたり、飛来物で躯体が致命的な被害を受けることもありません。

変幻自在、自由度の高い設計が可能

自由なデザイン性や空間づくりや、柱のない広い空間をつくることができるのもRC造住宅の魅力です。
長く使っていく家だからこそ、日々変わっていく時代の中でも、飽きのこない普遍的で上質な家を実現することができます。

また、木造住宅では強度的に難しい屋上利用や重量物の設置などのさまざまなライフスタイルにも対応できます。
これら自由度の高い設計が可能なのもRC造住宅の大きなメリットです。

fcise太陽光発電パネルの施工も自社でワンストップで対応いたします。
最近、住宅での設置も増えている太陽光発電パネル。RC住宅の特徴でもあるフラットルーフは太陽光パネルを設置しやすいだけでなく、発電効率も優れています。

昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社への売電できるので、省エネでありながらとっても経済的です。船谷建設株式会社は京セラセーラーFCに加盟しておりますので、太陽光発電パネルの設置、運用なども自社でワンストップで対応することが可能です。
京セラソーラーFC伊勢のホームページへ